よくある質問

亡くなった際にまず何をすればよいですか?
病院などでお亡くなりになられた場合、はじめに寝台車の手配をしなくてはなりません。すでに決めている葬儀社があればそちらに手配されるとよいでしょう。しかし決まっている葬儀社がなければ病院より紹介していただけることもあります。
深夜に亡くなっても搬送していただけますか?
仏光殿では24時間365日いつでもお客様の元へ駆けつけます。専門スタッフがお客様のご指定の場所まで丁寧に故人様を搬送させていただきます。ご遺体の搬送だけでなく葬儀に関するすべてを一貫体制で行っておりますので安心して仏光殿にお任せください。
故人を自宅に安置するのが難しいのですがどうすればよいですか?
本来ならば故人様のご自宅にご安置するのが理想ですが、事情によりご自宅でのご安置が難しい場合は病院より直接仏光殿の各施設へのご安置も可能ですのでご遠慮なくお申し付けください。
何かすぐに用意しなければいけない物はありますか?
必要な物としましては認印が必要になります。これは病院から発行された死亡診断書(死体検案書)を役所に提出し火葬許可証をいただくために必要になります。また、故人様の遺影写真となる写真の原本が必要です。遺影写真は後々残りますので、できるだけ表情がよいものを選んでいただきピントの合った写真をご用意ください。お預かりしました認印・写真の原本は手続き終了後にご返却いたします。
訃報の連絡はどの時点で行えばよいですか?
危篤の際には親族やほんとうに親しい方だけにご連絡します。
訃報の連絡は葬儀の日程や場所が決定してから各関係方面にされるとよいでしょう。
訃報の連絡はどの程度の方まで知らせればよいですか?
葬儀の形態や交友関係によって異なりますが、ご連絡の方面が多数の場合はそれぞれの責任者に依頼し、連絡の漏れがないように注意しましょう。
お寺様や宗教者への連絡はどうすればよいですか?
お付き合いをされているお寺様がある場合は連絡を取り、葬儀日時の調整を行う必要があります。もしも遠方にお寺様がおられる場合でも一度連絡を取り、近くのお寺様をご紹介されるケースもあります。
付き合いしているお寺様がないのですがどうすればよいですか?
お客様のご要望がございましたらご紹介させていただきます。(一部ご紹介できない宗旨もあります)
お葬儀の日程はどのようにして決めるのですか?
遺族様のご要望、お寺様のご都合、式場・火葬場の空き状況を考慮して日程を決めていきます。また親戚様や各関係方面への配慮も必要となりますので仏光殿にご相談下さい。お客様に応じた適切なアドバイスをさせていただきます。
家族葬で執り行いたいのですが注意することはありますか?
家族葬で行った場合、故人様の交友関係や町内会の方々への配慮が必要となります。お葬儀が終わってから亡くなったことを知り、「なぜ知らせてくれなかったのか」「最後にお別れをしたかった」などと言われるケースも考えられます。その後自宅へのお参りが頻繁となることもありうるため十分に検討して決定する必要があります。
それぞれに合った葬儀プランをご提案させていただきますので一度仏光殿にご相談ください。
家族葬だと費用は安く済みますか?
家族葬はご親族・ご親戚また特に親しかった方々だけでお葬儀を執り行うため一般葬に比べると必然的に参列人数の少なくなることが考えられます。よって参列の人数によって変動する返礼品、料理などの費用が安くなることは事実です。
無宗教でお葬儀をしたいのですが可能ですか?
もちろん大丈夫です。
無宗教でのお葬儀は形式にとらわれず自由に行える半面、ある程度のテーマやシナリオを設定して進行していく必要があります。故人様の好きだった音楽を流して会食をしていただいたり、故人様の生涯の歩みや愛用品を展示し、参列者とともに語り合うなどその形式は様々です。仏光殿では多数の無宗教葬の実績をもとに遺族様のご意向を伺ったうえで故人様に相応しい無宗教葬のご提案をさせていただきますので安心してお任せください。
友引にお葬儀をしてもよいのですか?
大丈夫です。
しかし地域によっては昔からの習慣でお葬儀をされない場合もありますので、ご親戚や宗教者、また葬儀社とご相談して決められるとよいでしょう。
喪主は誰が行えばよいですか?
ご遺族で協議して決めていただきます。一般的には故人様の配偶者、長男、長女という順番で血縁の近い方が喪主を務められるケースが多いです。しかしながら喪主になられる方がご高齢の場合は体調面などを配慮する必要があります。
事情がありすぐにお葬儀ができないのですがどうしたらよいですか?
仏光殿ではすぐにお葬儀を行えない遺族様のために霊安室を完備しております。
お葬儀の日程調整が整うまで責任を持って故人様をご安置させていただきます。(当社施行に限り安置料無料)
役所への手続きはどうすればよいですか?
病院より発行される死亡診断書(死体検案書)を管轄の役所に提出して火葬許可証を取得する必要があります。この火葬許可証を火葬場に提出し火葬終了後に遺族様に火葬執行の印が押された書類が返却されます。この書類を埋火葬許可証といい、後日遺骨を納骨する際に必要な大切な書類となります。遺族様よりご依頼をいただければ当社で手続きの代行をさせていただきます。
いざという時のために葬儀に関することを知っておきたいのですが 親戚から縁起でもないと言われました。どうすればよいですか?
葬儀に関することを事前に知っておくことはとても大切なことです。いざという時に何も知識がなく次から次へと様々な事を決めていかなくてはならないため、気持ちにゆとりがなくなり結果的には満足のいくお葬儀ができず後悔が残ることもあります。また何よりも大切な故人様との最期の時間を十分に過ごすことができなくなります。逆に事前に葬儀の事を知っておくことで心のゆとりもできるため、慌てることなく満足のいくお葬儀ができることも事実です。
仏光殿各施設では事前相談を承っておりますのでいつでもお越しください。経験豊富なスタッフが親切丁寧に対応させていただきます。訪問相談も承っております。ぜひ一度お問い合わせください。
一般的な葬儀費用はどれくらいですか?
葬儀費用の全国平均は約199万円(平成22年10月日本消費者協会調査報告書より)しかし地域やお客様の希望する葬儀の内容によって費用は様々ですので実際の費用は直接葬儀社に確認することをお勧めします。また大阪では約160〜170万円と言われています。詳しくホームページ内の「葬儀費用の仕組み」をご参照ください。
葬儀費用面に不安があるのですが…
誰しも葬儀費用に不安があるのは当然の事でしょう。仏光殿では葬儀費用を明瞭にして、お客様の不安を解消いたします。お客様のご要望に応じた葬儀プランのご提案をさせていただきますのでご遠慮なくご相談ください。また仏光殿のお得な会員制度「つつじ会員」の入会をお勧めいたします。一般価格より葬儀費用が安くなる事をお約束します。詳しくはホームページ内「つつじ会員」をご覧いただき、ぜひご入会ください。
葬儀会館に宿泊施設はありますか?
専用の宿泊施設はございませんが各仏光殿施設には浴室及びシャワー室を完備しております。ご希望により貸布団・アメニティセットをご用意させていただきますのでお気軽にスタッフまでお申し付けください。(一部仏光殿施設では親族控室にベットルームを完備しております)
食べ物にアレルギーがあるのですが対応していただけますか?
仏光殿は料理部を自社で抱え食材にアレルギーをお持ちの方にはメニューを一部変更するなど柔軟かつ、きめ細やかなサービスを提供していますので、ご遠慮なくお申し付けください。
お香典金額の目安はいくらぐらいですか?
故人様とのお付き合いや各地域によっても様々ですが、一般的に自身から見て両親の場合は5〜10万円、兄弟(姉妹)3〜5万円、祖父母・伯父(叔父)・伯母(叔母)1〜3万円、一般的なお付き合いの方3〜5千円、親しいお付き合いの方5千〜1万円、ビジネスシーンでは1万円程度が相場とされています。
お通夜とお葬儀に参列しますがお香典はどちらにお持ちすればよいですか?
両日に参列される場合はお通夜の時にお持ちされるとよいでしょう。
不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」の違いは何ですか?
仏式でのお葬儀の場合49日までは「御霊前」、49日以降は「御仏前」と記すのが一般的です。しかし、浄土真宗の宗旨は逝去後すぐに仏様になるという教義から「御仏前」と記します。キリスト教は「御花料」、神道は「御玉串料」「御榊料」と記します。
葬儀は着物を着なくてはいけないのですか?
昔からの風習でお葬儀当日の正装は着物とされていましたが昨今、家族葬の増加に伴い着物を着られるケースが減少し洋服を着られることが多くなっているのも事実です。着物を着られる際はその日の体調なども考慮して決められるとよいでしょう。
新仏で仏壇が無いのですがいつまでに購入すればよいですか?
一般的には満中陰(49日もしくは35日)までにご準備されることをお勧めいたします。昔はほとんどの家に仏間がありましたが、最近では和室や仏間の無い家が多くなってきているため、お仏壇の安置場所を検討する必要があります。宗派や地域によって様々な考え方がありますが家族が集まるリビングなど身近な場所がよいでしょう。仏光殿では仏壇Gallery SAKURAと提携し各家庭に相応しい多種多様なお仏壇を取り揃えております。
詳しくは仏壇Gallery SAKURAのホームページをご覧ください。
葬儀の際にご供花をいただきましたがお礼は必要ですか?
お葬儀後、できるだけ早めにお礼状を添えて菓子折りなどを贈られるとよいでしょう。 仏光殿では弔電や供花をいただいた方へのお礼状やお礼品を取り揃えておりますので、お気軽にお問合せください。
お葬儀後の様々な手続きはどうすればよいですか?
お葬儀後は遺産・遺品の整理、また各種名義変更など様々な手続きが必要となります。
またお香典返し等の商品の発送や満中陰法要の手配など悲しみ癒えぬ中、様々なことを進めていかなければいけません。特に昨今では故人様の遺品を整理する「遺品整理」の需要が急激に高まってきています。仏光殿ではお葬儀後のお手伝いを専門にしているアフターサポート部がお客様の重責を少しでも軽減できるように全力でサポートさせていただきます。また、煩雑な相続手続きを行政書士・税理士・司法書士・弁護士と提携し無料相談窓口も設けております。詳しくはホームページ内の「お葬儀後のお手伝い アフターサービスのご紹介」をご覧ください。

Copyright(C)2012 大阪府 大阪市 平野区 葬儀【仏光殿セレモニーユニオン】. All Rights Reserved.-