もしもの時のために決めておく大切なこととは・・・

もしもの時のために決めておく大切なこととは

1. 寝台車の手配
病院などでお亡くなりになられた場合、はじめに故人様をご安置する場所へ搬送するための寝台車を手配しなければいけません。あらかじめ、どこの葬儀社に手配をするか決めておくとスムーズでしょう。まだ決めていない時は病院から寝台車を紹介していただけることもあります。
2. 故人様のご安置場所の決定
お亡くなりになられた後、故人様をご安置する場所を決めなくてはいけません。ご自宅にご安置することが最良ですが、事情によりできないことがある場合は葬儀を依頼する葬儀社の安置施設に直接搬送することも可能です。
3. 葬儀形態の決定
故人様や遺族様に相応しいお葬儀を行うためには、皆様で話し合って決めておくことが大切です。親族・親戚だけの家族葬で執り行うのか、地域の方々や会社関係、お世話になった方々に参列をしていただく一般葬で執り行うのか、故人様の経歴や地位によって慎重に決めなければいけません。お葬儀の規模によって式場選びも変わってきます。
4. 宗教・宗派の確認
事前に御当家の宗教を確認しておくことが必要です。宗教者をお招きして葬儀を執り行う場合は、お付き合いのある宗教者に連絡を入れて故人様をご安置後、枕経に来ていただきます。もしも、宗教者とのお付き合いがない場合は、葬儀社から紹介してもらうことも可能です。(一部ご紹介できない宗教もあります)
5. 喪主の決定
お葬儀を執り行うにあたり、ご遺族の代表として「喪主」を決めます。葬儀日程や葬儀形態、進行、葬儀費用などを葬儀社との打ち合わせをしていきます。また、参列された方々への対応など様々な役目を行います。一般的には故人様の配偶者やご長男(ご長女)が喪主になられるケースが多くありますが、喪主になられる方がご高齢の場合は体調面なども考慮して決める事が望ましいです。

Copyright(C)2012 大阪府 大阪市 平野区 葬儀【仏光殿セレモニーユニオン】. All Rights Reserved.-